快適視生活応援団目とメガネに関するQ&A目とメガネに関する?(はてな)目の仕組み > 目の青い外国人は、光に弱いと聞きました。なぜですか?

目とメガネに関するQ&A

「瞳の色」とは一般的に、目の中の「虹彩」と呼ばれる部分の色を指します。虹彩の色は、その中に含まれている「メラニン色素」の量によって決まります。このメラニン色素は、目以外にも髪の毛や皮膚にも存在し、有害な紫外線からわたしたちを守ってくれています。

虹彩内のメラニン色素の量は風土、民族などによって異なります。太陽光の強い地域に住んでいる人は、紫外線から目を守るためにメラニン色素が大量に蓄積されて黒色や茶褐色の瞳になり、反対に北欧など太陽線が弱い地域ではメラニン色素の量が少なく、青色の瞳になるといわれています。

したがって、青い目の人はメラニン色素が少ない分、光を感じやすく、黒や茶色の目の人よりも光に弱いというわけなのです。

 前へ | 次へ