快適視生活応援団目とメガネに関する豆知識目の健康 視力 > 20代でも老眼に!?~スマホ老眼とは~

目とメガネに関する豆知識

近頃は、電車に乗るとほとんどの人がスマートフォンを手に取っている…という光景もめずらしくありませんね。スマートフォンは、ゲームやメール、SNSなど、娯楽や交流に使うツールとしてだけでなく、スケジュール管理やメモなど、ビジネスシーンでも欠かせないものとなっています。また通勤・通学のすきま時間でもすぐに情報収集ができるので、必然的にスマホに触れる機会が多くなっています。スマートフォンやタブレットなどのスマートデバイスがある現代と、なかった過去とでは目にかかる負荷も大違いなのです。



■1.「スマホ老眼…?私、二十歳(はたち)ですけど…」


「最近目が疲れて手元が見づらい、特に夕方は視界が霞んでしまう…」
20歳代の若い人でも、このように老眼と同様の症状を訴える人が増えています。
老眼は、加齢によって目のピントを合わせる調節力が衰え、近くのものが見えにくくなる症状のことですが、スマートフォンの長時間使用など、目の筋肉を酷使することで負荷がかかり、一時的に老眼に似た症状になることを「スマホ老眼」、「夕方老眼」と呼びます。この言葉は、医学用語ではなくマスコミ用語で、テレビや雑誌で特集が頻繁に組まれたこともあり、広く知られるようになりました。



「スマホ老眼」はスマートフォンやタブレット端末(VDT※)を長時間、20~30cmの目に近い距離で使用し続けることで起こりますが、それだけでなく画面から生じるある光も問題となります。その光とはVDTの画面から発生する青色光のことで、眼細胞や筋組織、そして視神経や網膜などにダメージを与えると考えられています。


※VDT…パソコン・スマートフォン・テレビゲームなどの情報端末を意味する【Visual Display Terminal】の略



■2.スマホ老眼を予防するには


これらより、スマホ老眼の予防として少なくとも次の対策が必要です。


①長時間使用しない(1時間中15分程度の休憩)。

②画面からの距離を40~50cmにする。

③遠くを見たり、近くを見たりを繰り返し、目のストレッチを行う。



1日あたりのスマートフォン利用時間は10~20歳代の人で約5時間、30~40歳代で約3時間であるとのデータもありますので、「スマホ老眼」対策は大切ですね。



■3.スマホ老眼をケアするメガネレンズ セイコー「スマートエイドシリーズ」


さて、セイコーアイウェアでは「スマホ老眼」にお心当たりのある方にも快適にご利用いただけるメガネレンズ『スマートエイドシリーズ』をご用意しております。



レンズタイプは、パソコンやスマートフォンを多用される20~30歳代の方へ向けた『スマートエイド ライト』、単焦点やコンタクトレンズを使用されている方で、近くの作業をしている時に疲れを感じやすくなってきた40代の方に向けたステップシリーズ『スマートエイド レギュラー』の2タイプです。

更に青色光対策として、青色光カット機能付きのレンズ素材『セイコー フロンティア』やコート『BRコート』もオプションでご選択いただけます。
“もっと、楽に・快適に見る”ためのスマートエイドシリーズをこの機会に是非お試しください。



いかがでしたか?「スマホ老眼」「夕方老眼」に心当たりのある方はもちろん、今は症状を感じていなくても、スマートフォンやタブレットなどのスマートデバイスを見る時間が長い方は、ぜひ参考にしてみてくださいね。

 前へ | 次へ