快適視生活応援団目とメガネに関するQ&A目とメガネに関する?(はてな)目の雑学 > 目が腫れる病気を「ものもらい」って言うのはなぜ?

目とメガネに関するQ&A

まず「ものもらい」は正確な病名ではありません。

医学的には麦粒腫(ばくりゅうしゅ)と言い、まぶたの油・汗の分泌腺や毛穴に細菌が入っておこる急性の化膿性炎症で、おもに黄色ブドウ球菌によって引き起こされます。

「ものもらい」とはそもそも長野県の方言になります。

「ものもらい」という名称は、他の家の食べ物を食べると栄養バランスが改善されて治るから、などが由来であると言われています。


麦粒腫は地方によって呼び方も様々です。実際に麦粒腫の事を「ものもらい」と呼んでいる地域は全国で3割強程度しかありません。

他の呼び方としては、めばちこ、めいぼ、めこじき、めっぱち、などがあります。