快適視生活応援団目とメガネに関するQ&A目とメガネに関する?(はてな)目の仕組み > なぜ「一重まぶた」と「二重まぶた」があるのでしょうか?

目とメガネに関するQ&A

理由はいろいろあるようですが、まぶたの下の脂肪が原因のひとつのようです。
「一重まぶた」はまぶたの下の脂肪が多く、まぶたがふっくらとしています。この「一重まぶた」はモンゴル、中国、日本など、黄色人種の人々に多く見られる特徴だそうです。
「二重まぶた」は逆に、まぶたの下の脂肪が少ないため、まぶたにたるみができている状態です。

また「一重まぶた」と「二重まぶた」、どちらになるかは遺伝が大きく関係しています。一般的に、まぶたは優性の法則に従うと言われ、「二重」が優勢、「一重」が劣勢です。
しかし、一重の人でも、やせたりまぶたの下の脂肪が減ったり、年を重ねて皮膚のたるみができると、二重まぶたになる可能性もあるので、必ずしも生まれてからずっと同じというわけではないようです。

 前へ | 次へ